Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
ソリューション別活用シーン

リスク管理

前提となる情報を収集してインプットすることで、地震や火山、水害などの自然災害が発生した場合の被害状況のシミュレーションをMapInfoで行うことができます。得られたシミュレーションの結果から、MapInfoを活用して災害に対する対策を検討して政策を立案することも可能です。災害保険業界などでは、交通事故多発箇所のシミュレーションや災害シミュレーションの結果に応じたその土地固有の火災保険料率を設定するなどの活用例もあります。

ソリューションを実現するソフトウェア製品例

 ・ MapInfo® Pro :小規模事業所などの環境で導入する場合にお勧めです。
 ・ MapBasic® :定型業務など一定の操作を行うことが多い場合のカスタマイズツールです。
 ・ MapXtreme® :特定業務向けのカスタマイズやWindowsサーバベースのソリューション構築の際にお勧めです。
 ・ Spectrum™ Spatial :エンタープライズレベルでの位置情報活用ソリューション構築にお勧めです。

ソリューションを実現するデータ製品例

 ・ ジオコーディング :顧客リストから位置を取得し地図上に登録するのに活用します。
 ・ ナビゲーション :閲覧者の場所から対象施設までのルートを動的に作成するのに有効です。
 ・ 行政界データ :顧客の状態をエリアごとに分析し、視覚化するのに有効です。
 ・ 道路データ :場所を示すための基本的な地図として活用します。
 ・ 市街地図データ :正確な場所を示すためには詳細な地図を活用するのがベストです。

導入ケース事例

 ・ 大分県  PDF
 ・ 墨田区役所


サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.