Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
ソリューション別活用シーン

顧客向け地図情報サービス

自治体などの公共機関がWebベースの地図サービスを運用することで、組織内の部署を超えた情報共有はもとより、住民などに地図サービスを提供することで、質も自由度も高いサービスの提供が可能になります。最近では住民を巻き込んだ双方向型の地図サービスを活用して、住民自治の活性化を実現する例も見られるようになってきました。 一般企業でも、顧客からの電話によるお問い合わせに対して、近くのサービスセンターの場所を案内するコールセンターに似たシステム構築も可能です。また、ユーザーがWeb上で検索した結果を、地図に表示して配信するシステムも構築できます。

ソリューションを実現するソフトウェア製品例

 ・ MapInfo® Pro :小規模事業所などの環境で導入する場合にお勧めです。
 ・ MapBasic® :定型業務など一定の操作を行うことが多い場合のカスタマイズツールです。
 ・ MapXtreme® :特定業務向けのカスタマイズやWindowsサーバベースのソリューション構築の際にお勧めです。
 ・ Spectrum™ Spatial :エンタープライズレベルでの位置情報活用ソリューション構築にお勧めです。

ソリューションを実現するデータ製品例

 ・ ナビゲーション :閲覧者の場所から対象施設までのルートを動的に作成するのに有効です。
 ・ 道路データ :場所を示すための基本的な地図として活用します。
 ・ 市街地図データ :正確な場所を示すためには詳細な地図を活用するのがベストです。

導入ケース事例

 ・ 市川市  PDF
 ・ 島根県中山間地域研究センター  PDF
 ・ 西宮市役所
 ・ 社団法人 千葉県産業廃棄物協会  PDF
 ・ Shellharbour City Council-シェルハーバー市

サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.