Precisely
グローバルサイト お問い合わせ
Software

MapInfo® Pro

ワールドワイドで活躍中の地理的分析の使えるツール

MapInfo® Proは、情報とその地理的な関連性をビジュアライズするためのソフトウェアです。MapInfo® Proを活用すれば、データとその地理的な関係を容易かつ素早く視覚的に理解することができます。その成果をチームで共有することができれば、単なるデータが使える情報として活用できるようになります。

プレミアムサービス

MapInfo Pro プレミアムライセンスでは、以下の(オプションの) プレミアムサービスを使用できます。

  • Bing 道路をマップに追加– MapInfo Pro はMicrosoft® Bing™ 道路をサポートします。MicrosoftBing レイヤを1 回のクリックで簡単にマップに追加できます。
  • 指定した位置へジャンプ– 指定した位置へジャンプ機能は、住所や場所の名称に従ってマップの中心位置を新しい場所に移動する機能です。

これらの機能は、トライアルの評価期間でも使用できます。評価版をインストールすると、30 日間の試用期間中、MapInfo Pro を制限なしで利用できます。

アドバンスドライセンス

MapInfo Pro アドバンスドライセンスを利用すると、高品質なラスタ表示と、グリッドベースの空間情報分析が可能になります。
アドバンスドライセンスは、複数のデスクトップおよびサーバ製品にわたって再利用可能なコアラスタエンジンを提供することによって MapInfo Pro の機能を拡張します。MapInfo Pro アドバンスドの特長は以下のとおりです。

  • 非常に大きなグリッドファイルに対する高い性能を実現
  • すべてのズームレベルでデータを効率的に表示
  • 同一ファイル内で数値データと分類データの両方をサポート
  • グリッド形式とイメージ形式をサポート
  • 大きすぎてメインメモリに収まらない大容量ラスタファイルを用いた高性能分析、処理、複雑なワークフローを提供
    MapInfo Pro のアドバンスドライセンスを購入していない場合(スタンダードバン)は、以下に示すラスタエンジンの基本的な機能のみが使用可能です。
  • サポートされているラスタ(MRR、ERS、ASC、GRD、GRC など) を開く操作
  • ラスタ情報
  • 統計
  • セル値
  • 疑似カラー
  • RGB カラー
  • カラーストレッチ
  • 起伏陰影
  • 変換
  • コピー
  • 削除
  • 名前の変更

MapInfo® Pro v2021の新機能

時空を超えたデータの視覚化

開発地域の10年間の人口動向を時系列で、あるいは天候によって買い物のパターンの変化などを可視化をすることなどが可能です。MapInfo Proの新しい時系列ツールを使用して、時間の経過に伴うデータの変化を簡単にプロットできます。

MapInfo Pro v2021を使用して花崗岩採石場抽出の時系列分析

ラスターデータセットを簡単に

特許取得済みの高性能多重解像度ラスタ(MRR)データ形式により、巨大なラスターデータセットの保存と処理が簡単になります。多重解像度バーチャルラスタを使用すると、新しいグリッドファイルをディスクに書き出すことなく、ラスタグリッドデータをオンザフライで仮想的にマージ、再投影、および再サンプリングできます。

MapInfo Proからすべてのデータに直接アクセス

MapInfo Pro内で必要なデータに直接アクセスすることで、時間を節約し、より効率的に作業できます。

  • ファイル形式のサポートが拡張され、geopackage、GeoJSON、よく使用されるテキストファイル、GMLなどを追加されました。
  • MapInfoProで作業を続行している間、インポート、エクスポート、および保存コピーをバックグラウンドで操作として実行します。

強化されたデータ選択および設計ツールを使用して、洞察までを時間短縮

動的なテキストラベル付けツールにすばやくアクセスして、レイアウト設計を簡素化できます。新しい属性選択ツールを使用して、特定のレコードのデータを抽出します。

  • マップのタイトル、縮尺、時間範囲などの動的なテキストをマップに追加する新機能を使用して、マップのデザインを改善

新しい属性選択ツールを使用してデータを管理

Precisely APIサービスを使用した最新のジオコーディングとルーティング

毎月更新され、最高水準のジオコーディングおよびルーティングサービスを利用できます。

Bingマップ

Microsoft®BingMapsを独自のビジネスレイヤーのコンテキスト背景として使用して、関係性、パターン、および傾向をより迅速に特定します。サブスクリプションには、Bing航空写真とBingハイブリッドへのアクセスが付属しており、MapInfo ProはBingデータを使用したい座標系で再投影できるようになりました。

  • MapInfo Pro Premiumにアップグレードして、Bing道路にアクセスしてBing「移動」で検索が可能です。このサービスを使用すると、世界中の地名と住所を検索して見つけることができます。

Webサービス

WFSのサポートが改善され、マップをズームおよび移動したときにWFSテーブルを更新できるようになり、Webサービスからベクターにアクセスが可能になりました。

カスタマイズ

プラグインをダウンロード·共有用のコラボレーションスペースMapInfoMarketplaceから、カスタム機能にアクセスします。

  • プラグインには、MapInfo Pro Drone、Street View、UberH3 Hexagonツール、Python GettingStartedアドインが含まれます。
  • MapBasic構文を使用して、カスタムツールをリボンインターフェイスに統合します。

新サブスクリプションライセンス

購入と管理が簡単なサブスクリプションで、MapInfo Proに期待されるすべての機能を利用できます。

  • サブスクリプションには、メンテナンス、および更新とアップグレードの自動通知が含まれます。
  • 費用対効果の高い1年および3年のサブスクリプションが利用可能です。