Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
Software

Spectrum™ Spatial Analyst

『Spectrum™ Spatial Analyst』は導入が容易で、すぐにオンプレミス環境にて運用が開始できるウェブベースのマッピングアプリケーションです。ビジネス情報を地理的に分析する「MapInfo Pro」で作成した地理的なデータや分析マップをサーバ上で共有し、関係者のPCやスマートフォンなどお手持ちの環境から常に閲覧を行うことができるようになります。公共的な情報を告知したり、ビジネスユーザーが地図情報のリクエストを行ったり、企業内の地理的なデータをチーム内、市民、顧客、パートナー企業などと共有するのに最適なソリューションです。

Overview

開発不要で容易に実現するウェブマッピング

『Spectrum™ Spatial Analyst』はアプリケーションとして提供されますので、専用の設定画面にてマップの設定を行うだけで、システム導入後にアプリの開発やコーディングは行うことなくウェブマッピングが実現します。ユーザーはブラウザさえあれば、プラグインは不要でインタラクティブなマップを閲覧することができます。

MapInfo® Proのデータ分析力とプレゼンテーション力を生かすシステム連携

デスクトップ環境における地理的分析の専用ツール「MapInfo® Pro」で得られた地理データや分析マップなどの成果を『Spectrum™ Spatial Analyst』へアップロードするだけで、マップのシェアが実現します。専用ツールによる高い分析力や表現力をもつマップを最大限活用することができます。
内部での情報共有はもちろん、ポータルサイトを通じた外部へのマップの公開も可能で、チーム内外の意思決定に強力な武器となります。

柔軟性と拡張性を備えたシステム

導入してすぐに運用できるパッケージでありながら、必要に応じたシステム拡張やカスタマイズが短時間で実現する拡張性を確保しています。データ接続においても、様々な外部データを利活用することができます。ライブデータソースへの接続を行うことで、常に最新情報をユーザに提供することも可能となります。

Web Mapping Service(WMS)などオープンスタンダードのサポート

オープンスタンダードな規格であるWMSにより公開されているマッピングのサービスを取り込み、『Spectrum™ Spatial Analyst』で管理する自社の情報と重ねて表現するなど、他のマッピングサービスとの連携も行うことができます。

ユーザー属性に応じたデータアクセス許可

『Spectrum™ Spatial Analyst』はユーザ管理機能を有しています。分析結果のさまざまなレイヤについて、アクセス可能なユーザー階層を規定することができます。重要な要素を含む情報は内部利用に限定する一方、公開可能なデータは外部にまでアクセス可能とするような運用も行うことができます。

ベースマップを標準でサポート

『Spectrum™ Spatial Analyst』はBingマップ(道路、空中写真、ハイブリッド)やOpen Streetマップなどのタイルマップをサポートしており、これらのライセンスも製品に含まれています。また、Spectrum™のマップタイルリングサービスを経由することにより、自社が保有する独自のベースマップでシステム運用を行うことも可能です。

その他の標準機能

『Spectrum™ Spatial Analyst』は住所の検索、特定の場所からの近隣の施設検索、データの地理的検索および属性値の検索、距離や面積の測定、マップ上でのラベルの表示/非表示、PDFレポートの印刷、マップやレイヤの表示/非表示などのマップ操作の基本機能を標準で備えています。

サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.