Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
Software

MapInfo® Pro

ワールドワイドで活躍中の地理的分析の使えるツール

MapInfo® Proは、情報とその地理的な関連性をビジュアライズするためのソフトウェアです。MapInfo® Proを活用すれば、データとその地理的な関係を容易かつ素早く視覚的に理解することができます。その成果をチームで共有することができれば、単なるデータが使える情報として活用できるようになります。

MapInfo® Pro 基本機能

強力なマッピングおよび地理的分析機能を持つMapInfo® Proでデータを分析するという大胆で新しい手法に取り組んでみませんか。
MapInfo® Proの強力な空間処理と分析機能を通じて、データとその地理的な関係性の仮説を構築し、その実証を行うことができます。

より使いやすく、より容易に成果を導く

MapInfo® Proは柔軟性が高く、運用中のITシステムへの統合も容易に実現します。ユーザーフレンドリーな操作性なので、使いこなすのに専門的なITの知識は必要ありません。

多彩なデータアクセス

MapInfo® Pro は幅広いデータ形式をサポートしています。汎用のPCファイル(Microsoft Excel、Access、DBF およびCSVファイル)、リレーショナルデータベースおよび空間データベース(Oracle、Microsoft SQL Server、PostGIS、SQLite およびODBC コンパチブルデータベース)、および空間データ形式(AutoCAD DXF/DWG、SHP、DGN など)です。
航空写真、衛星画像、スキャンされた紙地図など、およそ地図として使用されているほとんどの画像データに対応しています。さらに、Microsoft Bingマップや航空写真へのアクセスはもちろん、日本語版の特別仕様として地理院地図へのアクセスも実現しています。

高機能なデータ作成と編集機能

MapInfo® Pro には、テーブル形式の値や名称の編集はもちろん、CADデータの作成や編集の多彩な機能を有しています。
MapInfo® Proさえあれば、マップやデータの作成や変更はこのソフトウェア内で完結し、時間の手間やコストを無駄にすることはありません。

多彩なマップ表現とビジュアライズのオプション

MapInfo® Pro のマップ作成のための簡単操作のウィザードと細かい調整を可能にするオプション機能によって、スキルの高低を問わず、見栄えの良いマップを短時間で作ることができます。背景地図として画像データを表示させ、その上に自前の情報をポイント、ライン、ポリゴンとして好きなように重ねることができます。見栄えの変更は分析プロセスに応じて表現をカスタマイズ可能です。
統計的または数学関数を使用して値を集計し、シンボルやカラーポイントおよび集計値に基づいてリージョンを表現することができます。たとえば、営業区域ごとに顧客数で色分けして表現することができます。

成果物の共有

MapInfo® Pro は多彩なデータ共有の機能を有しているので、成果物の共有を容易に行えます。
簡単操作のウィザードを通じて、凡例や方位を含む自由自在なサイズのマップを印刷したり公開することができ、必要なメンバーと共有することができます。多様なデータ形式での保存やエキスポートができることもデータ共有における長所となっています。

MapInfo Suite

MapInfo Suiteとは、WindowsベースのマッピングアプリケーションであるMapInfo® Proを核として、進化したロケーションインテリジェンスの活用を推進するMapInfoの製品群を指します。
空間データカタログを通じて組織内のデータ資産のシェアと管理を合理化するMapInfo Manager、作成したマップをウェブマッピングで組織内外にシェアできるSpectrum Spatial Analyst、エンタープライズレベルのマッピングやジオコーディング環境の統合に優れたSpectrum Spatialを含め、従来から提供を行ってきたMapXtremeやMapBasic、データ製品群などが、これに含まれます。

地図・統計データ製品 Mapinfo MapXtreme MapBasic Spectrum Spatial Spectrum Spatial Analyst Mapinfo Manager
サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.