Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
Software

MapInfoツール シームレステーブル管理機能

シームレステーブル管理機能を使用すると、分割されている複数のテーブルを1つのレイヤのように統合して、マップに表示することができます。

1.[ツール]メニューの、[ツールマネージャ]を選択します。

  • ■ ツール一覧から、「シームレステーブル管理機能」の「読み込み」チェックをONにします。
  • ■ 「自動読み込み」チェックをONにしておくと、MapInfo Proが起動されると自動的に、シームレステーブル管理機能が起動されます。

2. [ツール]メニューに、「シームレステーブル管理機能」メニューが表示されます。

3. シームレステーブルの作成対象となるテーブルをすべてオープンします。

ここでは日本地図を地方ごとに分割したサンプルデータを使ってご説明します。

4. シームレステーブルは、アクティブなマップに表示されているレイヤ(テーブル)が対象となりますので、レイヤを1つのマップにします。

5. [ツール]メニューから、[シームレステーブル管理機能]→[シームレステーブルの新規作成]を選択します。

作成するシームレステーブルの名前を指定するダイアログが表示されます。

  • ■ シームレステーブルの名前を指定します。
  • ※ テーブルと同じフォルダにしなければなりません。

6. シームレステーブルが正しく作成されると、次のようなメッセージが表示されます。

7. 作成されたシームレステーブルをオープンします。

地方ごとに分割された9つのテーブルが、1つのマップとして表示されます。

シームレステーブルの特徴

シームレステーブルは、複数のベーステーブルで構成されますので、通常のMapInfoテーブルとは異なる方法で扱われます。
シームレステーブルで利用できるMapInfo Pro™の機能を以下に示します。

  • ■ レイヤ管理
    • レイヤ管理の主題図に関する機能以外のすべての機能が使用できます。
    • レイヤの追加・削除・並べ替えシームレステーブルのすべてのベーステーブルに対して、表示・ズームレイヤリング・ラベル表示オプションを一括で設定できます。
    • 但し、シームレステーブルレイヤは編集可能にはできません。
  • ■ 情報ツール
    • ベーステーブル内の特定のオブジェクトに関する情報を表示します。
  • ■ 選択ツール
    • シームレステーブルから複数のオブジェクトを選択する場合は、これらのオブジェクトが同じベーステーブルに存在しなければなりません
  • ■ テーブルの参照
    • 特定のシームレステーブルのブラウザウィンドウを表示します。表示したいベーステーブルの選択を要求されます。

8. シームレステーブルの保存先を別フォルダにしたい場合は、[ツール]メニューの、[シームレステーブル管理機能]→[シームレスレイヤのオフ]を選択します。

  • ■ シームレスをオフにするシームレステーブルを選択します。

9. シームレスがオフになりますので、ブラウザウィンドウを表示します。

10. [テーブル]メニューの、[フィールドの更新]を使って、「Table」フィールドにパスを付けます。

パスは、シームレステーブルの保存フォルダからの相対パス、またはフルパスで指定します。
ここでは地方テーブルが保存されているPREFフォルダの1つ上のTABフォルダに保存します。

11. 「Table」フィールドに、相対パス「PREF¥」が登録されました。

12. エクスプローラを使って「PREF」フォルダに作成されたシームレステーブル「日本全図」ファイルをすべて移動させます。

13. シームレステーブルをオープンします。

サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.