Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
Software

MapInfoツール グリッド作成機能

グリッド作成機能は、指定した範囲に指定したサイズのグリッドを作成することができます。

1. [ツール]メニューの、[ツールマネージャ]を選択します。

  • ■ツール一覧から、「グリッド作成機能」の「読み込み」チェックをONにします。
  • ■「自動読み込み」チェックをONにしておくと、MapInfo Pro™が起動されると自動的に、グリッド作成機能が起動されます。

2. [ツール]メニューに、「グリッド作成機能」メニューが表示されます。

3. ここでは、渋谷区全体に250mのグリッドを作成する手順でご説明します。

4. 渋谷区のポリゴンをダブルクリックして、ポリゴンの範囲を取得します。

ポリゴンのオブジェクト情報が表示されますので、X1,Y1とX2,Y2の座標値を取得します。
※レイヤを編集可能にしておくと座標値のコピーができます。

5. 「グリッド作成機能」メニューから、「グリッドの作成」メニューを選択します。

『OK』ボタンをクリックすると、作成されるグリッド数が表示されます。

6. 『OK』ボタンをクリックすると、グリッドが作成されます。

7. その他

(1)作成できるグリッドの数には制限があります。

グリッドサイズが小さい、作成範囲が広すぎる場合など、次のようなメッセージが表示されます。

このような場合、グリッドを分割して作成しておき、結合して1テーブルにする方法があります。

(2)「ツール」ボタンパッドの、「グリッドの作成」ツールを使うと、マウスドラッグによりマップ上にて範囲を指定することができます。

サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.