Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
FAQ
MapInfoに関するよくあるご質問になります。

MapInfo Pro™

Professional全般

Q. MapInfo Pro v17の[オンラインジオコーディングサービス]の使い方を教えてください。

A. MapInfo Pro v17は全世界のユーザーが世界対応のジオコーディングをオンラインアクセスを通じて実現しています。 従来型のデスクトップのジオコーダーのように参照用の住所データを購入する必要なく、世界中の住所をジオコードしてマップ上に表示可能です。 日本の住所の漢字表記はもちろん、ローマ字表記の処理も可能です。 以下の手順で、毎月一定量のジオコードが無償で処理できます。Bingマップと同様に、製品リリースの1年後の12月末が使用期限となります。

  • 1.ジオコード用データを用意します。(例:Excelファイル:サンプル住所. xlsx)

  • 2.MapInfo Proから ジオコード用データを開く

    • ファイルの種類:Microsoft Excel* (*.xls, *xlsx)、編集用コピーをMapInfo 形式で作成にチェックを入れる。
  • 3.テーブル管理>テーブル>構造の変更 ジオコードの結果を保存するフィールドを追加します。

  • 4.ジオコードの結果を保存するフィールドを追加し地図作成可能にします。 テーブル管理>テーブル>構造の変更

  • 5.空間>作成>作成>サーバーを使用してジオコード化をクリック

  • 6.設定を入力し「処理」をクリック。

    • 住所様式では住所を複数行で入力するか、1行で入力するかを指定します。

      複数行:入力テーブルの選択されているすべてのフィールドから入力住所を読み取ります。

      1行:入力テーブルの住所フィールドから入力住所を読み取ります。

      この例のように住所が結合され1つのフィールドにある場合には住所様式「1行」を選択します。

      クレジットの詳細も表示されます。

  • 【フィールドマッピング】

    • 入力にはドロップダウンリストを使用してジオコードされるテーブルのフィールドを指定します。

      出力にはジオコード結果の書き込先フィールドをしています。例:上で追加したX,Y,マッチコードのフィールドに解析結果を出力します。緯度(Y),経度(X)は解析結果の座標値を出力します。結果コードは解析結果の住所レベルを示すコードが入力されます。

  • 【詳細】

    • 投影法などを設定

  • 7.処理が終了し、ポイントが表示されます。

  • 8.処理が終わり、ポイントが作成されました。テーブルのX,Y,マッチコードのフィールドには解析結果が入力されています。

一覧に戻る

サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.