Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
FAQ
MapInfoに関するよくあるご質問になります。

MapInfo Pro™

Professional全般

Q.国土地理院の地理院地図を使用することはできますか?

A: MapInfo Proでは、「電子国土ツール」として、国土地理院の「電子国土Webシステム」のベースマップと航空写真を提供しておりますが、国土地理院からは新しいタイルサーバとして「地理院地図」および「地理院タイル」が提供されています。
「地理院タイル」を使用するには、専用のtabファイルとxmlファイルを用意する必要があります。
ここでは、「標準地図」を例に、「OSMの道路地図」用のtabとxmlファイルを改変して専用ファイルを作成する手順をご説明します。

1.MapInfo Pro™のインストール先の「TileServer」フォルダの、「OSM_Roads」のtabとxmlをコピーして、ファイル名を変更します。
※半角アルファベットで指定してください。
ここでは、「Sample_std」というファイル名としています。

2.「Sample_std.tab」ファイルをテキストエディタで開き、xmlファイル名を「Sample_std」に変更します。

3.「Sample_std.xml」ファイルをテキストエディタで開きます。
※地理院タイルの一覧はこちらをご覧ください。

(1)地理院タイルのWebサイトから、URLをコピーして変更します。
<Url>http://tile.openstreetmap.org/{LEVEL}/{ROW}/{COL}.png</Url>

<Url>http://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{LEVEL}/{ROW}/{COL}.png</Url>
(2)サイトに掲載されているズームレベルを参照して、Min&MaxLevelを変更します。
地理院タイル一覧の「標準地図」の表に記載されているズームレベルを指定します。
※ズームレベル「2, 3, 4」は、正しく表示されませんでしたので、MinLevelは「5」にしています。
(3)「AttributionText」を指定すると、マップの右下にコピーライト等の文字列を表示することができます。

※[TileSize]は、タイル一枚の大きさが、256ピクセル×256ピクセルで統一されておりますので、変更する必要はありません。

4.ファイルを保存して、tabをオープンすることで地理院タイルマップが表示されます。

※電子国土ツールで使用している、「電子国土Webシステム」は、この地理院地図及び地理院タイルの提供に伴い、提供が終了となる予定です。
http://portal.cyberjapan.jp/deprecated/index.html
このため、Pitney Bowesでは、「電子国土ツール」に代わる、地理院地図及び地理院タイルに対応させた、新しいツールを提供する予定です。


一覧に戻る

サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.